HOME>トピックス>賃貸というサービスならではの難点をカバー

目次

資産運用という内容

男女

資産運用の目的で、渋谷の賃貸不動産に目を付ける人もいます。保証会社委託料を支払っても利益が期待できる点で人気になっています。家賃保証、そうした保証会社の変更が可能な場合もあるので、諸費用を抑えたい人にも選ばれています。

交渉ができる

渋谷エリアの賃貸不動産を契約する者の多くは、若者(20代)世代だといいます。賃貸不動産であるからこそ、交渉次第で削れる初期費用があるために支持されています。新築・築浅不動産、加えて大手の管理下でないのが条件にはなります。いわゆる古築ですが、賃貸不動産に管理が移れば、減額など融通性があるようです。例えば、入居月の家賃の交渉も可能で、特に月末に申し込む入居希望者が多いようで、フリーレントになる確率が高まるようです。

双方の相談役

賃貸不動産が人気のワケは、家主(大家さん)と入居者の間に立つ賃貸管理の専門家がいるからでしょう。渋谷エリアの治安も含め、安心・安全・快適な住環境だったり、維持・管理された住居形態であることは賃貸であれば重要です。入居者からすれば、入居立会いから携わって欲しいものですし、家主(大家さん)からすれば、建物・設備のクレームなどの対応を任せることもしたいでしょうが、そうした携わりもしてくれます。

広告募集中